【我愛羅の名言】オレもいつか、誰からも、必要とされる存在になりたい。

我愛羅 名言

あいつはオレと同じ苦しみを知っていた。

そして、生きる道を変えることができることを教えてくれた。

オレもいつか、誰からも、必要とされる存在になりたい。

恐るべき兵器としてではなく、砂隠れの風影として。

出典:アニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』第225話「風影として…!」原作.岸本斉史

里の人々はもちろんのこと、親にまで、兵器としてしか見られず、自分の存在を否定する視線を送られることは、苦しいという言葉では言い表せないものです。

しかし、我愛羅は、「人柱力」という同じ運命を背負うナルトに出会ったことで、変わることを選びました。

ナルトは、我愛羅に「ここにいていい」のだと、存在の意味を与えてくれました。

そして、他者とつながり分かち合うことが、生きていることにさまざまな意味をもたらすのだと教えてくれました。

「恐るべき兵器としてではなく、砂隠れの風影として。」この言葉に、我愛羅の強い意志が表れています。

NARUTOを無料で視聴するなら、U-NEXTの31日間無料体験がおすすめです。

U-NEXT 31日間無料トライアル(PR)

※本ページの情報は2021年6月地点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

※無料トライアル後も、継続利用する場合の月額利用料金は2,189円(税込)です。